Others are a mirror of yourself

I think that everyone wishes to maintain mental well-being. Although we simply try looking at the bright side of life, there are sometimes people who find it annoying for some reason. I had been thinking about this strange relationship for a little while since I became very curious about this topic, and I found a very interesting idea; others are the reflection of one's self.

One day, I was hanging out with a good friend of mine. We were catching up on my recent issue with a person who passed severe judgement on my positive attitude toward life. Then, she told me that this person's attitude of not accepting me being happy was a reflection of myself and asked what had been restricting me from being a state of content. This question was very fresh yet seemed very difficult to answer. So I decided to observe my behavior and thought about what was blocking me from being a state of mental well-being. After several weeks passed, I had started noticing something, and that I felt much more content when I was working on my photography, but I was resisting my desire for creativity and living my life with photography by focusing on a sense of insecurity and concern about my creativity. During my awareness, my mind began to be much clearer, and I became more open with myself and focused on letting me be who I wanted to be.

After the discovery, creativity has welled up in me much more than before. Now, I truly appreciate the person who judged me because I feel free and happy about being myself. Perhaps, beginning to dislike the person is an usual reaction, but I cannot choose to dislike the person because the person is a reflection of myself and has shown me what I need to work on. Because I cannot hate myself.

幸せでいたいということは誰もが望むことだと思います。ですが、ただ 人生の明るい方を見ようとしているだけなのに、なぜかある人たちはそれを気に入らないということが時々あります。私はこの奇妙な関係を面白く感じて、それ をしばらく考えていたところとても興味深い考えを見つけました。それは“他人は自分を映す鏡”ということです。

最近友達と近況を話していた時に、私の前向きな人生に対する態度を理不尽に批判されたことを話しました。すると彼女は私の前向きな態度を受け入れられないその人は、実は自分自身を映し出している鏡でそこに映っている私が私自身にしていることはなんだろうかと聞いてきました。このアイデアはとても新鮮で同時にとても難しい質問でしたが、興味が湧いたので私が幸せになることを私自身が妨げていることはなんだろうと、何週間か自分自身の行動と思考を観察してみることにしまし た。ある日いつものようにフォトグラフィーの仕事をしていた時でした。写真をしている時が一番充実していて精神的に幸せでいられるのにもかかわらず、将来のことや私自身の想像力の限界など写真をやっていく上で伴う色々な不安感ばかりに集中することで、私の想像力と私自身が自由になることを妨げているということに気づきました。それに気づいた時彼女の質問が腑に落ちてとてもクリアな気持ちになり、その時からもっと自分を自由に表現することに集中してみることにしました。

今は創作意欲も以前よりも湧いてきて、今まで以上に自分が自由でハッピーでいることが実感出来るようになりその批判した人に本当に感謝しています。きっとその人を嫌いになるのが普通のリアクアションなのかもしれませが、その人は私自ら自分自身にしているネガティブな面を映し出しているのだから嫌いになんてなれません。だって私自身を嫌いになることはできないのですから。

今回のブログは私ごとですが、私と似たような経験をしたことのある人にとってそしてこれからもし理不尽だなと思う出来事に遭遇した時に、一つのヒントになればいいと思い紹介させていただきました。読んでくれてありがとうございました。

nanae xo

* A big thanks to Tina who always open my mind with her wisdom and give me great insights about life!

いつも私が彼女の知恵が必要だと思う時にやってくるティーナ。知恵だけではなくポジティブな心の持ち方で人生の壁にぶつかるのが楽しくなるような助言を私にくれるだけでなく、私の視野を広げてくれるティーナに心から感謝します。今現在本を書く側アメリカやイギリスで講演をして忙しい彼女ですが、これからの活躍を楽しみにしています。

Tina Spalding photo by Nanae Nishimura

Tina Spalding photo by Nanae Nishimura